バクーダ

No.323

「体にたまった摂氏1万度のマグマを時々背中のコブから噴き上げている」というバクーダ。連なる2つのコブを上から見た様子は、まるで溶岩の割れ目のようだ。

designed by:Saki Okamura(無頼庵)